地震では寝室を守る…災害別「防災シェルター」の使い方

公開日: 更新日:

 とにかく災害が相次いだこの夏。西日本豪雨や北海道地震で、濁流や土砂にのみ込まれた家屋の映像を見て、日本に安全な場所などないと思った人も多いだろう。そこで注目されているのが防災シェルターだ。少し前は「そんな大げさな」と思われていたが、にわかに現実味を帯びてきている。果たして、シェルターは有効か。

 防災シェルターについて詳しい防災事業経済協議会(BOCO)の貴船美彦理事に聞いた。

「シェルターの定義は難しく、想定する災害の種類や規模によって、必要な機能や強度が異なります。核シェルターのように、地下などに完全に隔離されたスペースがあって、ライフラインも完備され、何カ月もそこで暮らせるようなものが一番安心でしょうが、それを一般家庭で用意するのは現実的ではありません」

 では、どんなシェルターが現実的なのか。よくイメージするのは、カプセルに逃げ込むタイプだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る