地震では寝室を守る…災害別「防災シェルター」の使い方

公開日:

 とにかく災害が相次いだこの夏。西日本豪雨や北海道地震で、濁流や土砂にのみ込まれた家屋の映像を見て、日本に安全な場所などないと思った人も多いだろう。そこで注目されているのが防災シェルターだ。少し前は「そんな大げさな」と思われていたが、にわかに現実味を帯びてきている。果たして、シェルターは有効か。

 防災シェルターについて詳しい防災事業経済協議会(BOCO)の貴船美彦理事に聞いた。

「シェルターの定義は難しく、想定する災害の種類や規模によって、必要な機能や強度が異なります。核シェルターのように、地下などに完全に隔離されたスペースがあって、ライフラインも完備され、何カ月もそこで暮らせるようなものが一番安心でしょうが、それを一般家庭で用意するのは現実的ではありません」

 では、どんなシェルターが現実的なのか。よくイメージするのは、カプセルに逃げ込むタイプだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る