橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

論語に「死生命あり」家族の死に向き合う知人に話したこと

公開日: 更新日:

 日頃から親しくしている42歳の知人の妻が、「くも膜下出血」で亡くなった。まだ37歳の若さだ。救急搬送されたが間に合わず、帰らぬ人となった。7歳のかわいい一人娘がいる。突然の訃報に接し、葬儀に向かう電車の中で、残された夫と娘の悲しみはいかばかりかと胸が痛んだ。

 出棺前の「お別れの儀式」で棺に生花を入れ始めると、7歳の娘が「ママ、もう絶対にいたずらしないから、お勉強もたくさんするから、ピアノも練習するから、いい子になるから起きて。お願いだから起きて」と泣きじゃくった。幼い子なりに母親の死というものを分かっていても、現実として受け止めることができないでいるのだ。

 棺に蓋をするのを拒絶するように、必死に「ママ~」と泣き叫んだ。その姿に僕も泣いた。年を取ると涙もろくなるというが、切なくて涙が止まらなくなった。この娘の心のケアが必要だと思ったが、どう声をかければいいのか分からなくなった。幼い子は母親が急死すると、「ママが大切にしている指輪をだまって触ったから」「ママが作ってくれた朝ごはんを残したから」などと、自分の行動のせいで母親が死んだと考えてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る