曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ソース工房FONTE(神戸)本格四川麻婆豆腐は完成まで10年

公開日: 更新日:

「平日の昼間はまるで学童のよう」と語るのは、六甲アイランド内で「ソース工房FONTE」を営む竹原愛さん(顔写真)。彼女は子育てが一段落ついた4年前にこの店を開いた。きっかけは子供の食事を毎日考えるのが大変と思い、ソースを替えることで料理のバリエーションが広がるのではと考えたことによる。なのでここはオリジナルソースの販売目的で設けた。店頭には高菜ラー油(550円)、ドレッシング(400円)、黒酢ソース(500円)といろんなソースが並んでいる。中でも黒酢ソースはすっぱく感じないようにレシピを工夫し、子供でも食せる味にしている。兵庫県産の雪姫ポークを用いて作る黒酢すぶたには、この黒酢ソースが使われている。

 一方、竹原さんお薦めの本格四川麻婆豆腐は、レシピが完成するのに10年も要したという苦心の作。ピーシェンドーバン(豆板醤)と永川豆チ、四川山椒、朝天辣椒面を用いることで深みのある味にし、辛すぎることのない麻婆豆腐を完成させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  4. 4

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  5. 5

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  8. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  11. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る