新潟県の町おこし「本気丼」 集客数が4年間で倍増したワケ

公開日:

 魚沼コシヒカリで有名な新潟県南魚沼市。4年前に始まったばかりなのに、すっかり地域の夏から秋にかけての風物詩となったイベントがある。

 その名は「本気丼」。今年は7月28日から11月30日まで実施され、南魚沼市と隣町の湯沢町の60店の飲食店が参加。丼の競作を行うイベントだ。本気丼の定義は、地元南魚沼産コシヒカリをたっぷり使った丼料理で、価格は600円から3000円。丼の具は肉、魚、キノコなど店によってバラエティーに富んでいる。和食に限らず洋食、ビビンバ、カレーなどもありだ。

 おいしい魚沼産コシヒカリをふんだんに使い、お腹いっぱいになる丼であることが共通。それに各店舗の個性と自慢の腕を加えたおいしい丼は、地元にも県外からの観光客にも人気を集めている。

 実施初年度の2015年にはおよそ3万食の丼が売れて、総売り上げはおよそ3300万円。3年目の昨年はそれが5万4000食、6800万円に伸びた。「今年は今のところ、丼の提供数も売り上げも昨年よりやや多いようです」(南魚沼市商工観光課・平川勇斗氏)というから4年目も順調のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る