人気飲食系コンサル「外食虎塾」代表・安田久さんの巻<3>

公開日: 更新日:

 博多や大阪、札幌となると、東京並みの価格のお寿司屋さんは珍しくありません。その点でいうと、この店のコスパのよさは別格。それが、熊本ナンバーワンの「鮨 仙八」さんです。早速、そのすごさをご紹介しましょう。

 カウンター8席と4人掛けのテーブル1つで、お任せのみ。席につくといきなりカウンターパンチを食らいます。ほのかなタイの香りとメシ。そう、ダシにシャリ玉が沈めてあるのです。箸でシャリを崩しながら口に運ぶと、実にいいあんばいで。そのウマ味だけで丁寧な仕事ぶりがうかがえ、熊本の宴への期待が高まること必至です。

 そこから、絶品のつまみが続きます。たとえば塩タコ。字面だけ見ると平凡な印象かもしれませんが、タコの歯ごたえがとにかくよく、ちょうどいい塩加減で風味が引き立てられています。

 その時々の旬のアテが1つの盆に4、5品。これからだと、タラの白子やカラスミが、さりげなく盛られていたりしますから、酒好きにはたまりません。どれも、マジでヤバいレベル。うれしい限りの酒肴セットをいくつか楽しむと、待ってました(!)の握りです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る