人気飲食系コンサル「外食虎塾」代表・安田久さんの巻<3>

公開日:

 博多や大阪、札幌となると、東京並みの価格のお寿司屋さんは珍しくありません。その点でいうと、この店のコスパのよさは別格。それが、熊本ナンバーワンの「鮨 仙八」さんです。早速、そのすごさをご紹介しましょう。

 カウンター8席と4人掛けのテーブル1つで、お任せのみ。席につくといきなりカウンターパンチを食らいます。ほのかなタイの香りとメシ。そう、ダシにシャリ玉が沈めてあるのです。箸でシャリを崩しながら口に運ぶと、実にいいあんばいで。そのウマ味だけで丁寧な仕事ぶりがうかがえ、熊本の宴への期待が高まること必至です。

 そこから、絶品のつまみが続きます。たとえば塩タコ。字面だけ見ると平凡な印象かもしれませんが、タコの歯ごたえがとにかくよく、ちょうどいい塩加減で風味が引き立てられています。

 その時々の旬のアテが1つの盆に4、5品。これからだと、タラの白子やカラスミが、さりげなく盛られていたりしますから、酒好きにはたまりません。どれも、マジでヤバいレベル。うれしい限りの酒肴セットをいくつか楽しむと、待ってました(!)の握りです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る