中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

儲かるかと思いきや…デイトレーダーより派遣バイトが快適

公開日:

 不運にもというか、仕方なく派遣で働く人に出会った。

 その人はネットでオリジナルTシャツの販売をしていたのだが、ライバルが多く売れ行きが芳しくなかった。仕方なくドロップシッピングという方法で商品の販売を始めることに。ドロップシッピングとは委託販売の一種で、注文を受けると業者から商品が直送されるシステムのこと。在庫を持たなくてもいいのでリスクが小さい半面、利益率が低く、1個売って15%ほどの実入りにしかならない。しかも、送料がかかるので実利となると、数%しかもらえない。

「売り上げは伸びましたが、利益は伸びない。結局、手間が増えただけで生活をするにも窮するようになりました」

 他にできることは、とネットで検索してみるとデイトレーダーの文字が飛び込んできた。

「必死で勉強をし、有料で値上がりしそうな銘柄を教えてもらいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る