宝くじを買いに行く途中で骨折した男性が手にした“幸運”

公開日: 更新日:

 人生、本当に何が起こるか分からない。

 米CBSテレビのワイドショー「インサイド・エディション」(27日付電子版)などによると、米ニュージャージー州ブラックウッドに住む87歳の男性、アール・リビングストンさん(写真左)は10月23日、近くのコンビニに宝くじを買いに行った。

 買おうと思っていたのは、15億3700万ドル(約1720億円)の大当たりが出た、と日本でも話題になった宝くじ「メガミリオンズ」。

 しかし、アールさんは買いに行く途中で転倒し、腰を骨折。近くの病院に緊急搬送されてしまった。

 アールさんは病床で、「メガミリオンズが買えなくて無念だ…」と病院スタッフらにブツブツ。すると、看護師の1人から「私たち、皆でお金をプールしてメガミリオンズを買うの。1口乗りません?」と誘われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る