大映テレビ安倍道典さん 小さい頃から父の言葉を意識し読書

公開日: 更新日:

 大映テレビは、映画会社大映のテレビ制作部門だった大映テレビ室が大映倒産時に独立してできた会社。同テレビ室は日本初の連続ドラマ「人間の条件」「ザ・ガードマン」などを制作。独立後も、山口百恵の「赤いシリーズ」、「家政婦は見た!」シリーズなどのヒット作を世に送り出し、安倍道典さん(86)は社長も務めた。「昭和思い出の記―大映テレビ独立の記録」という著書があり、子どものころから大の本好きだったと笑う。

「小学生のころは山中鹿之助や後藤又兵衛らが活躍する『少年講談』に夢中になり、全巻読みました。吉川英治の『新書太閤記』や『三国志』『プルターク英雄伝』などにも熱中し、特に逆境に立ち向かう人物に興味が湧きました。父が歴史の教師だったので、分からないことがあると、時代背景などを教えてもらった覚えがあります」

 例えば、「太閤記」を読んだあとは、類書や登場人物に関する他の本も読む。これが小さいころからの読書法だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る