バルバッコアなど展開 ワンダーテーブル秋元巳智雄社長<2>

公開日:

the Blind Donkey(東京・神田)

 東京の神田は、新橋と並ぶサラリーマンの街です。焼き鳥屋さんや居酒屋など安くておいしい店が軒を連ねています。カリフォルニア料理の名店のこの店は、そんな庶民的な街にあるから面白いんです。

 仕事柄、いろいろな店にお邪魔します。メニューの内容や構成、料理の品質、店のコンセプトなどはもちろん気になりますが、一番はどんな人が営業していて、シェフはどういう人か。一番のチェックポイントは、人なのです。

 で、どんな人がシェフかというと、サンフランシスコにある「シェ・パニーズ」の元料理長ジェローム・ワーグさん。シェ・パニーズといえば、カリフォルニア料理を体系化した店で、世界の名店トップ50に選ばれたこともあります。全米一予約が取れないと言っても過言ではない。

 1年くらい前だったかな。「神田にシェ・パニーズのシェフがやっている店があるんだ」といった話を聞いて、すぐにうかがったんです。米国の名店の創業者アリス・ウォータースが編み出した地産地消のコンセプトは和食の考えにも共通しますから、たとえばマダイのカルパッチョに大根をあしらったりします。米国でカルパッチョに大根を使うことはありませんから、シェ・パニーズのシェフでなければ、この組み合わせはありえません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る