中国“独身の日”が大盛況 大型家電をその日に配達の時代に

公開日: 更新日:

 スマホの時代だ。老若男女、利用法は電話やSNSにとどまらない。いま急増しているのは、パソコンを含めたネット通販だ。経産省の調査(「平成29年度 電子商取引に関する市場調査」=4月発表)によると、国内での消費者向け電子商取引(ネット通販など)の市場規模は16.5兆円に達した。前年比9.1%増で、7年前(7.7兆円)の2倍を超えた。今週はネット通販市場の最前線を探る――。

 ネット通販では隣国、中国の方が一歩先を進んでいる。昨日、11月11日に行われた「独身の日」セールを見れば一目瞭然だろう。これは大手のアリババを中心に、ネット通販各社が仕掛ける中国最大の割引セール。1日24時間ぶっ通しのセールは、売上金額が3.5兆円を超えた。

 北京で“独身の日”の取材経験があるジャーナリストの周来友氏が言う。

「“独身の日”は、最大の商戦である春節(旧正月)前のバーゲンより売り上げ規模の大きいイベントです。客は、独身の男たちだけじゃない。この日ばかりは、男も女も家から出ないで携帯を見ながら夢中で“お買い得品”を探す。だからセールの直前はデパートなど実店舗はガラガラ。開店休業状態です。安さがウリのセールで、中には90%引きなどの割引率もある。実はこれが問題で、虚偽の割引率を出した業者は今後セールに参加させないようになったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る