古新舜さん<5>二者択一で迷ったら両方選ぶのも可能なのだ

公開日: 更新日:

 予備校で教壇に立つ中でずっと考え続けてきたのが、教育ではもっと心を扱っていかなければダメだということでした。学歴や偏差値など目に見えて分かるもので人を評価するのではなく、誰かのために何かをする力や人を幸せにする力など、人間力を磨くことが抜けていると感じたのです。それは自分自身の学生生活を振り返っても痛感することでした。

 今、有名企業や政治家などのセクハラやパワハラが次々に問題に挙がりますが、それは彼らが社会との関わりにおいて上下関係という中で自分や他人を評価してきた結果だと考えています。

 子どもの頃は偏差値教育を受け、大人になってからは肩書の力を借りて上までのぼってきた人たちは、価値観が変容しつつある今の時代にうまく生きることは難しい。その心の行き場のなさが社会問題や事件につながるのではないかと。教育は社会の基盤です。社会と個をつなげるあり方が教育には必要です。教育の視野が広がらなければ、日本の社会は変わっていかないと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る