カギは水と玄米などの低GI食…集中力を高めるための食事術

公開日: 更新日:

 消化器専門医の江田証氏(江田クリニック院長)に集中力を高める食事術を聞いた。

 食事を活用して集中力をより高めるためのポイントは2つある。「水分」と「血糖」だ。

(1)水分をこまめに摂取する

 人間の体の75%は水でつくられていて、脳の組織も80%が水でできている。そのため、体内の水分を2%失うと、集中力や記憶力が低下することがわかっている。

「集中力や記憶力を落とさないためには、こまめな水分補給が欠かせません。1~2時間おきにコップ1杯くらいの水を飲むといいでしょう。知的作業に取りかかる前、0.5リットルの水を飲むと効率がアップするという研究報告もあります」

 年を取ると自律神経が衰えて喉が渇かなくなる傾向があり、あまり水分を摂取しなくなる。予想に臨むなら、意識して水を飲みたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    "残念"な性格を知っているからこそ松坂桃李は挑み続ける

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る