橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

カネと幸せの因果関係を考える

公開日:

 電車の中で親子と思われる70代の女と40代の男が興奮した声で、「あの女だけには絶対やりたくない」などと話している。どうやら公証役場に「公正証書遺言」の有無を確認に行く途中らしい。遺産相続でもめているのだろう。「あの女」とは、亡くなった夫の愛人なのかもしれないと想像した。

「児孫のために美田を買わず」という格言がある。財産を残せば子孫は仕事もせず、自立しなくなるという意味だ。

 財産のない僕には無縁の話だが、土地や多額の金を残して亡くなると、いろいろ大変なことになるようだ。

 最近まで借りていた事務所の家主のバアサンは、異常ともいえるほど現金に執着する人だった。家賃の銀行振り込みを一切拒否するので、毎月末に現金で払っていた。ところが、家賃を払っても、もらってないと言い始めた。認知症の初期症状だ。銀行振り込みにしたいと言っても現金じゃないとダメだと言い張る。それでも領収書を見せると納得していたのだが、そのうち、本人が押印した領収書をニセモノだと言うようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る