曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

酒肆 大関(三宮)清酒大関を片手に昔ながらの炉端焼きを

公開日: 更新日:

 居酒屋とは、日本独特のスタイルらしく、訪日観光客の間で人気があると聞く。定義によると、酒とそれに伴う簡単な料理を出す店となる。よく居酒屋を炉端焼きと呼ぶ人がいるが、その2つは厳密には違う。居酒屋の一形態ではあるが、炉端焼きは囲炉裏を囲み、炭火で焼いた魚や野菜を供すスタイルでなければならない。焼き手は、焼き上がった酒の肴を“掘り返しべら”なる長いしゃもじで客に渡す。この発祥は仙台・本櫓丁ともいわれている。

 かつてはどの町にもこの手の店は存在したが、最近は店舗がお洒落になってしまったためになかなかお目にかからない。そう嘆いていたら三宮にある「酒肆(しゅし) 大関」を思い出し、久しぶりに出かけてみた。

 神戸は酒どころの灘があるために日本酒メーカーの名称をつけた“宣伝店”が多い。この「大関」もそのひとつで、清酒大関を片手に一杯やる店として知られている。創業は昭和44年と古く、すでに東門街ではおなじみの店になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る