曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

元祖焼き鳥八栄亭(三宮北)100年以上も継ぎ足してきたタレが有名

公開日: 更新日:

 焼き鳥、焼き肉はどこの町にも存在する。最近は内装も凝ったお洒落な焼き鳥が目立つが、私は年齢からか、昭和ムードぷんぷん漂う縄のれん的な店に惹かれてしまう。北野坂から西に入って行くと、神戸では誰もが知っている焼き鳥屋「八栄亭」がある。新開地が元祖で、大正元年から続いている。三宮の「八栄亭」は、そののれん分けにあたる。店主の母親が新開地の「八栄亭」の番頭格だったそうで、その縁から親族以外で初めてのれんを分けてもらったようだ。開店した昭和30年には阪急三宮駅山側のぶらり横丁にあったが、変遷をたどり、三宮北の今の位置に移ってきた。

「八栄亭」というと、継ぎ足しながら今に至るタレが有名。これは新開地の「八栄亭」が創業した時から受け継がれているもので、100年以上の歴史が物語る逸品。継ぎ足されているせいか、濃度はあるが、食べるとあっさりしている。店の話では「野菜や冷凍ものはタレが死ぬから絶対入れない」そうで、鶏のみにこだわっているところがすごい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る