曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

元祖焼き鳥八栄亭(三宮北)100年以上も継ぎ足してきたタレが有名

公開日:

 焼き鳥、焼き肉はどこの町にも存在する。最近は内装も凝ったお洒落な焼き鳥が目立つが、私は年齢からか、昭和ムードぷんぷん漂う縄のれん的な店に惹かれてしまう。北野坂から西に入って行くと、神戸では誰もが知っている焼き鳥屋「八栄亭」がある。新開地が元祖で、大正元年から続いている。三宮の「八栄亭」は、そののれん分けにあたる。店主の母親が新開地の「八栄亭」の番頭格だったそうで、その縁から親族以外で初めてのれんを分けてもらったようだ。開店した昭和30年には阪急三宮駅山側のぶらり横丁にあったが、変遷をたどり、三宮北の今の位置に移ってきた。

「八栄亭」というと、継ぎ足しながら今に至るタレが有名。これは新開地の「八栄亭」が創業した時から受け継がれているもので、100年以上の歴史が物語る逸品。継ぎ足されているせいか、濃度はあるが、食べるとあっさりしている。店の話では「野菜や冷凍ものはタレが死ぬから絶対入れない」そうで、鶏のみにこだわっているところがすごい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る