赤字からV字回復 森下仁丹社長が進めた意識改革と実力主義

公開日: 更新日:

 明治26(1893)年創業の老舗企業・森下仁丹の経営手法が話題だ。今年6月に発売した著書「赤字30億円からV字復活させた 逆転発想の人材・組織改革術」はNHK「クローズアップ現代+」などでも取り上げられた。昨年、40~50代を「第四新卒」と銘打って業種を問わず積極的に募集。社会人経験の豊富さを重視した採用が社内の活性化につながっている。

 大胆ともいえる組織改革だが、「可能性は十分にある」と語る代表取締役社長の駒村純一氏。実は駒村氏こそ52歳で森下仁丹に転職し、業績を上げてきた人物だからだ。

「明治38(1905)年に発売された『仁丹』は懐中薬として世界的に人気の商品となりました。しかし、昭和の終わり頃から売り上げは低下。2003年には会社は30億円の赤字を計上していました。私はその時期に三菱商事から執行役員として入社したのですが、驚いたのは社内に現状に対する危機感がほとんどなかったことです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る