丸山久雄さん<2>電話料金回収率100%達成で金一封5万円

公開日: 更新日:

 1981年の入社(日本電信電話公社)当初、7000円台だった株価は、景気拡大の波に乗ってじわじわと上昇。3年後には、1万円の大台に。そのころ、電報の発信通数は4000万件台で電報全盛時代だった。

「早出、日勤、夜勤の3交代をローテーションで回す仕組み。土日も関係なし。2年目に成人式を迎えるけど、正月は繁忙期だから、過密ローテで、成人式は出席できない。高卒でウチに入社した連中は、一人も出席していないと思うなぁ」

 仕事が終わって仲間と飲む。立川の駅前にあった第一デパートは、出会いの場だった。

「6階建ての最上階にバーがあってさ、ナンパ待ちの女の子がいたんだ。朝まで営業していたから土曜の夜はフィーバー状態。よく先輩と繰り出した。“お持ち帰り”したこともあったしね」

 1回目の異動を経験したのは、仕事も遊びも覚えてきたころだった。入社後3年での新天地は、料金課。電話契約者の自宅や事務所を回っての料金の回収だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る