AI農業は着々と実用化 ロボットが収穫した野菜が店頭に

公開日:

 無人コンバインが刈り取り作業を行う――。正月に放送されたテレビドラマ「下町ロケット」の世界は、決して絵空事ではない。AIやロボット技術を使用した新たな農業は、全国各地で着々と現実化されている。

 たとえば、野菜の収穫では、企業や大学が共同研究する形で3年ほど前から“農業収穫ロボット”が登場している。トマト、イチゴ、レタス、ハクサイなどの収穫で、実証実験が繰り返されてきた。

 5月から、佐賀県でアスパラガスの自動収穫ロボットを稼働させる「inaho」(神奈川県)の大山宗哉社長が言う。

「これまで、アスパラガスの収穫は、人間が中腰になって長時間働いて行ってきました。それを全自動野菜収穫ロボットが肩代わりします。畝の間を自動運転で進み、カメラを使い“収穫していいモノ”を見て、パソコンが考えて、OKならロボのアームが伸びてカットしてロボのカゴの中に収穫します。まるで精密機器でしょ。カゴがいっぱいになったらスマホに“カゴを替えて”とか“終わったよ”と通知することもできる。実証実験では、収穫すべきモノの9割は正確に収穫できた。残り1割は、2本が隣接してたり、切ってはいけない木は取らないと指示してある分。人間の目と比べても遜色ありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る