アロバ社長 内藤秀治郎氏「人に勧められた本は必ず読む」

公開日: 更新日:

 昨年10月、味の素スタジアムのサッカーJ3の試合で、監視カメラで観客の感情などを分析する実証実験が行われた。使われたのはアロバのネットワークカメラ「アロバビュー」だ。時代の最先端を行く技術だが、内藤秀治郎さん(49)は意外と最新テクノロジーに懐疑的な目も持っている。

 不審者発見など、防犯目的で使用されてきたこれまでの監視カメラ。最近は、顔認証などの機能を持たせ、顧客や観衆の喜怒哀楽をデータ化することもできる。

「これまでの監視カメラは、防犯目的の“目”が中心でしたが、これにAI(人工知能)で“脳”の機能を持たせ、やがては“行動”を伴わせることができるようになります。例えば、高級時計店のような実店舗で、新規の客か、リピーターなのかを顔認証で判別します。なぜなら、ふらりとウインドーショッピングで訪れた人より、何度か来店してくれた人の方が買ってくれる可能性は高いからです。また、客の喜怒哀楽など、感情が分かれば、サービス面での店員の配置やチェーン店舗のドミナント(出店)にも役立ちます。ネットワークカメラはこういう使い方もできるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る