アロバ社長 内藤秀治郎氏「人に勧められた本は必ず読む」

公開日: 更新日:

 昨年10月、味の素スタジアムのサッカーJ3の試合で、監視カメラで観客の感情などを分析する実証実験が行われた。使われたのはアロバのネットワークカメラ「アロバビュー」だ。時代の最先端を行く技術だが、内藤秀治郎さん(49)は意外と最新テクノロジーに懐疑的な目も持っている。

 不審者発見など、防犯目的で使用されてきたこれまでの監視カメラ。最近は、顔認証などの機能を持たせ、顧客や観衆の喜怒哀楽をデータ化することもできる。

「これまでの監視カメラは、防犯目的の“目”が中心でしたが、これにAI(人工知能)で“脳”の機能を持たせ、やがては“行動”を伴わせることができるようになります。例えば、高級時計店のような実店舗で、新規の客か、リピーターなのかを顔認証で判別します。なぜなら、ふらりとウインドーショッピングで訪れた人より、何度か来店してくれた人の方が買ってくれる可能性は高いからです。また、客の喜怒哀楽など、感情が分かれば、サービス面での店員の配置やチェーン店舗のドミナント(出店)にも役立ちます。ネットワークカメラはこういう使い方もできるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)