4月1日発表の新元号は? 過去使用の漢字トップ10で7割超が

公開日: 更新日:

 4月1日に発表される新元号は何になるのか。過去に使われた漢字を分析すると、使用頻度の高い上位10字を使った元号が7割超を占めることが分かった。

「大化の改新」(645年)で知られる最初の元号「大化」から「平成」まで247の元号が存在するが、使われた漢字は72字にとどまる。使用頻度が最も高いのは「永」の29回。2位は「元」「天」の27回、次いで「治」の21回、「応」の20回が続く。

 この5字を含む元号は115個あり、全体の46.6%を占める。さらに、6~10位の5字(正、文、和、長、安)を加えると176個、実に71.3%にも上る。「天応」「文永」「元治」など10字同士を組み合わせた元号も41個(16.6%)ある。

 なぜ、一部の漢字が繰り返し使われるのか。NPO法人「文字文化協会」理事の黒田信二郎さん(69)は、「いずれの字にも前向きな意味があり、平易だという共通点がある」と説明する。「永」は「長い」、「元」は「始まり」、「天」は「人為の及ばない神聖なところ」といった具合だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る