【渋谷宮益坂編】電飾のキリストも鳥居も“神グッズ”が…

公開日: 更新日:

「ちょっと変わったバーがあるんですけど」と、知り合いの女性ライターK。なんでも世界中の神様が一堂に会しているという。なんだそりゃ? どこぞの新興宗教の布教施設か? そこでカルト宗教ライターのF(♂)も誘い、男女3人で訪ねてみることにした。

 場所は、渋谷・宮益坂上の青学キャンパス近くの路地裏。静けさ漂う住宅街に、その名も「GODBAR」はあった。

 入り口にはピンクのネオンで「神」とある。東南アジアの繁華街のようないかがわしさだ。店内は、さらにいかがわしさアップ! 電飾で派手に彩られたキリストやブッダの肖像画があるかと思えば、日本のしめ縄や鳥居も飾られている。

 カウンターにはインドの神様っぽい像がデ~ンと仁王立ち(あ、仁王は仏教か)。張りぼての虎は中国あたりのものだろうか。「国も宗派もメチャクチャじゃないですか」と宗教ライターFも苦笑い。

 聞けばこちら、ももクロの公式パンフや下北沢ケージといったイベントスペースなどを手がけるクリエーティブカンパニー「東京ピストル」のプロデュース。代表の草なぎ洋平氏が主に東南アジアで買い集めた、キッチュな神グッズを陳列・展示している。総額は、なんと1000万円以上!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  3. 3

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  4. 4

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  5. 5

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  8. 8

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  9. 9

    北方領土問題の「本質」はロシアによる日本の主権侵害だ

  10. 10

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

もっと見る