長野・湯田中渋温泉郷 源泉かけ流しの外湯と野生サルたち

公開日: 更新日:

 翌朝、朝食を済ませて、車で10分ほどの「地獄谷野猿公苑」(℡0269・33・4379)へ。外国人観光客のほとんどが、こちらの温泉に入るサル「スノーモンキー」がお目当てだ。昭和39年開苑。同45年に米「LIFE」誌の表紙になり一躍有名になった。

 最寄りの駐車場から林道を30分歩いてたどり着くと、案の定外国人観光客でいっぱい。苑内のサルは全て野生だが、カメラを向ける人間に警戒することもなく、苑内のあちこちで人生、いやサル生を謳歌していた。

 気温が高いせいか入浴風景は見られなかったが、これからの春は出産の季節、可愛らしい赤ちゃんザルが楽しみだ。
 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  4. 4

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  5. 5

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  6. 6

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  7. 7

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  8. 8

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  9. 9

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  10. 10

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

もっと見る