泉佐野市ふるさと納税問題 担当者が語る総務省との対立

公開日: 更新日:

■アマゾンは「きっかけづくりのプレゼント」

 14年にピーチのポイントを採用後、寄付額が年間4600万円から4億6000万円と10倍に。ただ、このうちの6割がポイント以外の通常の返礼品だった。

「何か注目を集める返礼品を入れると他も相乗的に伸びると気づきました。それで毎年何かひとつキラーコンテンツをつくっています。17年度の寄付額は135億円でした」

 寄付金で、プールがなかった市内すべての小中学校18校中3カ所に整備し、市営兼災害用プールとして浄化装置も完備した。一部の学校の机も購入している。

 その上で、今回のアマゾンのギフト券は「返礼品ではない」と言う。

「『こんな特典があるなら』という、ふるさと納税を始める人に、きっかけづくりのプレゼントです。泉佐野市を選んでくれた感謝の気持ちも込めてます。しかも、<さのちょく>という市の特設サイトでしかやってないので、手数料が発生しない。その分を還元させている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る