【長芋の塩麹漬け】発酵食品のオンパレード

公開日: 更新日:

 やまだやのコース料理にも、塩麹を使ったメニューが頻繁に登場する。店では、ヨーグルトメーカーを使って作る塩麹を野菜料理に、15日間かけてじっくり仕込む塩麹を肉料理にと使い分けているというが、家庭で使うには市販のチューブ式のものが便利だ。近年のブームでスーパーの棚にも並ぶようになった。

「塩麹に長芋、チーズ、たくあんと今回も発酵食品のオンパレードです。やまだやでは化学調味料を使いません。体に優しいおつまみをというコンセプトで、たくあんもぬか漬けのものを使用しました。ポイントは練りがらしを使うこと。からしとたくあんは相性がいいんです。もうひとつはからしの代わりに黒こしょうをきかせました。どちらも冷やした日本酒に抜群に合います」(高山さん)

 たくあんとチーズの取り合わせは意外に感じたが、秋田のいぶりがっこのような味わいになるから不思議だ。サクッとした長芋とコリコリとしたたくあんの食感、練りがらしと黒こしょうの風味が新鮮だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る