北出恭子
著者のコラム一覧
北出恭子

温泉専門家であり温泉タレント。温泉ソムリエなど多数の温泉に関する資格を取得し、現在「温泉家」として温泉施設の監修や講演などを行う。年間入湯数は300以上。

西伊豆・桜田温泉「山芳園」しっとり保湿が特徴の硫酸塩泉

公開日: 更新日:

「美肌の湯」ってよく聞きませんか? でも男性は女性ほど美容に関心が高くないと思うので、どんな泉質か知らない人も多いのでは。

 三大美肌泉質といわれているのが「硫黄泉」「硫酸塩泉」「炭酸水素塩泉」。中でも私が好きなのは「硫酸塩泉」です。

 硫酸塩泉は“しっとり保湿”が特徴。肌に水分を運んでハリを与え、さらに肌の表面に皮膜を作るので潤いを逃しません。また、コラーゲンの生成を促すので肌の蘇生効果も期待できます。つまり硫酸塩泉は「肌に潤いを与え、肌が生まれかわる美人の湯」なのです。

 そんな硫酸塩泉の宿として日本でもトップクラスなのが西伊豆・桜田温泉「山芳園」です。こちらのお風呂に入ると1週間くらい肌のモチモチ感が持続します。

 なぜこれほどモチモチするかというと、成分のバランスはもとより「湯づかい」が素晴らしいからだと思います。湯づかいとは温泉の管理や提供方法のこと。いかに温泉を大切に扱っているかの目安になります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  7. 7

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  8. 8

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  9. 9

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  10. 10

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る