パパがTVチャンピオン優勝を決めた青森の「不老ふ死温泉」

公開日: 更新日:

 今年の9月に敢行した東北温泉めぐりツアー。最初の目的地に選んだのが、青森の最果ての地、白神山地のふもとにある不老ふ死温泉です。

 一番遠くから戻って来る方が気持ち的に楽というのもありますが、どこよりもまずココに入りたかった。というのも、こちらの温泉とはちょっとしたご縁がありまして……。

 今から17年前、父がTVチャンピオンの全国温泉通選手権に挑んだ時、最後の問題がこちらの温泉で炊いたお粥を食べて女将さんの顔を当てろというものでした。そういうお粥を実際にお宿で出しているならともかく、番組のために特別に作ったもの。普通なら絶対にわかるはずがないのに、見事というか奇跡というかパパが正解。チャンピオンに輝いたのです。当時テレビで見ていた私にとっても、「不老ふ死温泉」は忘れられない温泉になりました。

 それから3年後、初めて訪れたのが2004年の600湯記念の時。それ以来ですから14年ぶりですね。前日に車で東京を夕方に出て、途中のSAで仮眠をとり、不老ふ死温泉に着いたのは午後3時。少し小雨が降っていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る