曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

冨士屋製菓本舗(富田林)進化し続ける大阪名物の豆菓子

公開日: 更新日:

 茶色い豆菓子で、中には落花生が入っているといえば、「雀の玉子」を思い浮かべるのは関西人の証しであろう。それくらい「雀の玉子」は、大阪を代表する駄菓子の一つで、昔から関西に根づいている。明治末期から大正初期にはあったともいわれており、「冨士屋製菓本舗」の初代・北野留三郎さんがその作り方をいろんな所で教えたことによって広まったとされている。

 南海滝谷駅前にある同社は、今でもその伝統を守って大阪名物「雀の玉子」(70グラム袋300円)を製造販売している。現社長の北野登己郎さんの話では、関東では「おのろけ豆」と呼んでいるそう。所変われば名も変わる通り、こんな所にも東西の食文化の違いが垣間見れるのだ。

 北野社長は「雀の玉子は、落花生を寒梅粉なる餅米の粉で包んで焼き上げ、たまり醤油と海苔で味付けして作ります。名前の由来は定かではありませんが、形が丸く卵に似ていたので、職人間で呼んでいるうちにそれが一般に広まっていったと思われます」と解説する。その先陣を切っていた北野社長の祖父・留三郎さんは、精力的にこのお菓子を伝授していたようで、一時は満州まで指導に出かけたとの記録も残っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る