曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

冨士屋製菓本舗(富田林)進化し続ける大阪名物の豆菓子

公開日: 更新日:

 茶色い豆菓子で、中には落花生が入っているといえば、「雀の玉子」を思い浮かべるのは関西人の証しであろう。それくらい「雀の玉子」は、大阪を代表する駄菓子の一つで、昔から関西に根づいている。明治末期から大正初期にはあったともいわれており、「冨士屋製菓本舗」の初代・北野留三郎さんがその作り方をいろんな所で教えたことによって広まったとされている。

 南海滝谷駅前にある同社は、今でもその伝統を守って大阪名物「雀の玉子」(70グラム袋300円)を製造販売している。現社長の北野登己郎さんの話では、関東では「おのろけ豆」と呼んでいるそう。所変われば名も変わる通り、こんな所にも東西の食文化の違いが垣間見れるのだ。

 北野社長は「雀の玉子は、落花生を寒梅粉なる餅米の粉で包んで焼き上げ、たまり醤油と海苔で味付けして作ります。名前の由来は定かではありませんが、形が丸く卵に似ていたので、職人間で呼んでいるうちにそれが一般に広まっていったと思われます」と解説する。その先陣を切っていた北野社長の祖父・留三郎さんは、精力的にこのお菓子を伝授していたようで、一時は満州まで指導に出かけたとの記録も残っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る