女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

公開日: 更新日:

 平成から令和に変わる今春、JK(女子高生)ファッションに変化の兆しがあるらしい。

「スカート丈がまた短くなってきているんですよ」と話すのは、JKマーケティング評論家の中村泰子さん。

 一大ムーブメントになったJKファッションといえば、超ミニスカートにルーズソックス。“ギャル文化”真っ盛りのあの頃は、厚底ブーツや茶髪、カラフルな飾りに目元を強調したメークなど、ド派手なスタイルが目を引いたものだ。それが、ここ数年でJKの制服コーデは激変。都内の私立校に通う現役JKに聞くと、「うちらの周りで髪を染めてる子はいない」(高2)、「靴下にはこだわってない。普通に紺のハイソックス」(高2)、「スカート丈は学校指定のママ。落ち着いて見えるから」(高1)と清く正しい返答が。

 実際に、フリューのGIRLS’TREND研究所が今年2月に行ったトレンド調査で、1996年(現在40歳)は、全体の約半数がスカートの長さをひざ上5センチ以上に“お直し”していた。ひざ上15センチ以上のギャルも11・55%と少なくなかった。一方で、2018年の現役JKは、ひざ丈が33・6%を占める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る