【鯛の竜田揚げ】山椒の香りと辛味でお酒が進む進む

公開日: 更新日:

「週1でお酒を抜こうと思っても、誘われると翌朝早くてもほいほい行っちゃう。家で一人でいるときも、3つくらいおつまみを作って、きれいな折敷(おしき)に載せて晩酌するのがすてきだなって思うの。私、死ぬまでお酒を飲んでいたいんですよね」

 桜井さんが店を開いたのは71歳のとき。そして今年で76歳になる。

「店が終わった後や、休みの日に飲みに行ったとき、最初はビールを頼むので、こんな揚げ物のつきだしが出てきたらすごくうれしいなって、いつも思うんですよ」と作ってくれたのが鯛の竜田揚げだ。

 近ごろは、揚げ物好きの料理好きといえども、「揚げ物は油の処理が面倒だし、キッチンが汚れるし、太るし」といった理由で、家ではしない人も多い。けれど、桜井さんいわく、「一番簡単だし、すぐにできるし、熱々の揚げ物って、最高のつまみじゃない」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る