「まんぷく」など展開 テイクファイブ遠山和輝社長の巻<2>

公開日: 更新日:

海南鶏飯食堂(東京・六本木)

 シンガポールにも出店があって、ここ数カ月は月イチで通っています。個人的にシンガポール料理への関心が高まる中、イチオシがこちらです。お店の方を知っていることもあり、古くからお世話になっています。そんなバイアスを抜きに、やっぱり現地の味と遜色ありません。ほんとうにおいしい。

 シンガポール料理といえば、なんといってもチキンライスですよ。ジャスミンライスの炊き方、鶏のだしの取り方、鶏の煮方……。どれもが繊細で、丁寧。その繊細さは和食に通じるようなイメージで、鶏肉はしっとりとしていて、みずみずしい。タイ料理のカオマンガイも同じですが、鶏がパサパサだとおいしくない。鶏の煮方が抜群にいいから、雑味がまったくなくて、すべてがおいしいんです。

 麻布十番商店街をテレビ朝日方面に歩いて、入り口があるのは商店街側ではなく裏。六本木高校との間の路地にある。店内は薄暗くて、いかにもアジアンな雰囲気。ロケーションも雰囲気も料理の本質も、日本風にアレンジし過ぎることなく、現地らしさを残しているのも高評価のポイントでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る