朱野帰子さん<5>もう心から会社を信じることができない

公開日: 更新日:

 2002年からマーケティングプランニング会社で7年、09年から製粉会社で1年半。まったく違う風土の2社で働いてきた経験は、「わたし、定時で帰ります。」にも生かされることになりました。

 働き方には人それぞれの価値観があり、そこには世代による特徴もあります。池井戸潤さんの「下町ロケット」に出てくる「佃製作所」の人々のように会社や上司を信じて働くことを、かっこいいなと思いますし、憧れます。でも、私はもう心から会社を信じることができない。尽くしても突然切り捨てられる経験を多く積み過ぎました。

 私たち就職氷河期世代は、必死に戦っても正社員になれず、なれたとしても少ない人数で多くの仕事をこなさなくてはならず、賃金も終身雇用も保障されない時代に社会に出ました。少ない資源だけで、知恵を絞って何とかするということを覚えていくしかなかったわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る