田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

「東宮ちゃんにはかなわんよ」昭和天皇がニコニコと悲鳴を

公開日: 更新日:

《明治四十四年の頃、青山御所に行くと、おもう様(父君)が突然、『将棋をしよう』とおっしゃる。王手をかけられないうちに負けたが、その後は親子で指す機会はなかったから、今となっては懐かしい思い出である》

 60年ほど前に「東京新聞社杯高松宮賞争奪将棋選手権」という棋戦があり、名局を生んだ棋士に高松宮賞が贈られた。表彰式には高松宮殿下(昭和天皇の弟宮)ご夫妻が臨席された。その席上で妃殿下が女性の将棋ファンについて尋ねられたことがあったが、当時は皆無に近い状況だった。

 その妃殿下の一言がきっかけとなり、将棋連盟は「女性教室」を開いて普及に努めた。そして、70年代半ばに「女流棋士」が初めて誕生した。

 以上のエピソードのように、皇室には将棋を愛好された方が多かった。 そこで、将棋連盟は盤駒を皇室に献納した。50年代には免状を贈呈する話も持ち上がった。しかし、天皇陛下や皇太子さまには純粋に将棋を楽しんでいただきたい、という宮内庁の意向によって実現しなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

  10. 10

    7/20~7/26のあなたの運勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る