「海福」など展開 ユサワフードシステム湯澤剛社長の巻<2>

公開日: 更新日:

まるう商店(横浜市)

 横浜で魚をいただくなら、絶対に「まるう」さんです。JR横浜駅東口と市営地下鉄の高島町駅の真ん中くらい。それぞれの駅から歩いて5分ほどにあります。近くには、同じ屋号の「別館」もあって、どちらもとにかく魚が充実しています。

 写真は、名物の「どっさり盛り」。日替わりのA4判のプリントメニューに「自慢」と銘打つだけあって、この日はアジにホウボウ、ボラ、マグロ、メジナ、ブリ、フッコ、キンメダイ、イナダの9種類。どれも新鮮そのもの、3切れ以上あって、厚みも十分。4人で食べ分けても十分なボリュームです。それが、何と1980円!

 ボラの卵巣はカラスミの材料で、冬の珍味として珍重されます。ボラの刺し身があるなんて、魚好きにはたまりません。菊盛りにすると、目に鮮やかで、とてもウマい。それくらいおいしい魚ですが、これまで卵巣だけ珍重され、あまり流通しませんでした。フッコはスズキの、イナダはブリの幼魚です。魚をとことんおいしくいただこうというメッセージが前面に表れています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る