【三ノ輪編】南千住仲通りの小料理屋と怪しげ昭和スナック

公開日: 更新日:

 地下鉄日比谷線・三ノ輪駅を降り、日光街道を北千住方面に。すぐ、通り左手に大手都銀のある四つ角を右に折れると、昭和のにおいプンプン漂う南千住仲通りに入る。

 南千住駅まで続く道幅の狭い通りには、質屋や昔ながらの赤白青のサインポールがクルクル回る理容室が。人通りは少なく、なんとも物悲しいわ。

 通りをしばらく進むと、右の路地に古びた小料理屋が見えた。気になって近づく。入り口に「会員制」と書かれた札が。ええっ、会員制の小料理屋なの? ダメもとで暖簾をくぐり、ガラガラと引き戸を開けた。

「ああ、会員制ってあるのは昔の名残。すぐ近くは有名なドヤ街だから、変な酔っぱらいが入ってこないように貼ってたわけ。今じゃそんな酔っぱらいも見なくなったけどね」

 店名は「酒菜さくら」。女将さんは岩手出身。高卒で上京後、後楽園に就職。結婚を機に寿司屋の女将になり、その後、スナックのママに。現在は一人で小料理屋を営んでるんだって。

 口数が少なくドライな女将さんだけど、たまにボソッと呟く言葉の端々に人情味が感じられるわ。

 カウンター5席、テーブル2卓の店内で飲むのは、年配の常連客ばかり。女将さんの手料理を肴にお酒を楽しんでたわ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る