高値で売るなら今…新札「渋沢栄一」で紙幣ブーム到来!

公開日: 更新日:

「先日も遺産整理をしている弁護士さんから、買い取り依頼がありました。記念切手や昔の紙幣、硬貨をコツコツ集めてきた高齢者は多く、かなりの数量が日本全国の家で眠っていると思います」(東京・中野「カードショップトレジャー」店主で鑑定士の長尾美千生さん)

 切手や紙幣・硬貨、いずれも昔からコレクターの多いアイテムだが、時代とともにこれらの価値は変わりつつある。かつては一大ブームになった切手も、今では人気に陰りが見えているという。

「ハガキや手紙を送る人は減っていますが、小包での利用があるので、切手の流通量は増えています。しかし、高齢化とともにコレクターはかなり減っています。そのため、プレミアがついているのは昭和30年代以前のものだけで、それ以降のものは記念切手でも買い取り価格は額面割れしているのが現状です」

 では、紙幣や硬貨はどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

もっと見る