高値で売るなら今…新札「渋沢栄一」で紙幣ブーム到来!

公開日: 更新日:

「先日も遺産整理をしている弁護士さんから、買い取り依頼がありました。記念切手や昔の紙幣、硬貨をコツコツ集めてきた高齢者は多く、かなりの数量が日本全国の家で眠っていると思います」(東京・中野「カードショップトレジャー」店主で鑑定士の長尾美千生さん)

 切手や紙幣・硬貨、いずれも昔からコレクターの多いアイテムだが、時代とともにこれらの価値は変わりつつある。かつては一大ブームになった切手も、今では人気に陰りが見えているという。

「ハガキや手紙を送る人は減っていますが、小包での利用があるので、切手の流通量は増えています。しかし、高齢化とともにコレクターはかなり減っています。そのため、プレミアがついているのは昭和30年代以前のものだけで、それ以降のものは記念切手でも買い取り価格は額面割れしているのが現状です」

 では、紙幣や硬貨はどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る