田中淳夫
著者のコラム一覧
田中淳夫森林ジャーナリスト

1959年生まれ。静岡大探検部を卒業後、出版社、夕刊紙を経て森林ジャーナリストに。「森は怪しいワンダーランド」(新泉社)、「鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵」(築地書館)など著書多数。

熊や毒蛇より怖い…アノ生き物に遭遇したときの防御法は?

公開日: 更新日:

 森でもっとも怖い存在はなんだろうか。熊? 毒蛇? たしかに怖いが出会う機会はあまりないはず。今回は、森歩き中の危険を考えてみたい。

 遭遇の可能性がそれなりにある中でもっとも凶暴なのは、スズメバチだ。

 攻撃性が強く、森の樹洞などに巣を作るから、知らずに近づくと襲ってくる。針は服の上からでも刺さるし、毒も強力だ。多数刺されたら高熱が出て何日も動けなくなるだろう。もし2度目なら、アナフィラキシーショックと呼ぶアレルギー反応が起きて生命にも関わるのだ。

 とりあえず対策として、一匹でも飛んでいるのを見つけたら、背を低くして逃げること。黒い色に寄ってくる性質があるから明るい色の服を着ておくべきだろう。

 ただスズメバチよりもっと身近で、もっと怖い虫がいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る