田中淳夫
著者のコラム一覧
田中淳夫森林ジャーナリスト

1959年生まれ。静岡大探検部を卒業後、出版社、夕刊紙を経て森林ジャーナリストに。「森は怪しいワンダーランド」(新泉社)、「鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵」(築地書館)など著書多数。

あえて道から少しだけ外れて…たまには“遭難”してみよう

公開日: 更新日:

 今回は森歩き上級編。

 いつも同じ森の同じルートを歩くと、目にする景色も同じになる。そこで提案するのがちょっと「遭難」してみること。

 とはいえ本当に遭難しては世間さまに迷惑をかける。試したいのは、道から少し外れること。森の中でも道には人の気配が漂う。整地されて階段や橋が設けられたり、標識があるからだ。また、足跡もあればゴミも落ちている。そこで、人工物のない場に身を置いてみるのだ。

 そこで道から脇に足を踏み入れ森の中に入る。草木をかき分けて少し奥に進んで、道が見えなくなる場所まで行こう。それだけで人間社会から隔絶した気分に浸れる。そして、自分は「遭難」したのだと想像する。ちょっと不安。ちょっとワクワクする……はずだ。

 私が初めて道から外れて「遭難」を味わったのは、富士山麓の樹海・青木ケ原である。登山道を進んでいたのだが、樹海といえば自殺の名所。磁石も利かない、一度入ったら抜け出せない……と伝えられている。そんな樹海を味わってみようと軽い気持ちからだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る