三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

中国の“一帯一路”は最後の観光地や儲け話が転がっている

公開日: 更新日:

 ゴルフ、相撲観戦、炉端焼き――トランプ米大統領に対する安倍さんの接待攻勢はすさまじかった。仕事の話はそっちのけで、遊びのスケジュールがびっしり。懸案となっている貿易交渉は、参院選後まで先送りされた。

 一方の米国からすれば、日本よりも中国にパワーを注ぎたいところだろう。米中の貿易協議は合意間近といわれながら決裂し、関税の引き上げ合戦に突入。米国はファーウェイ製品の締め出しにも乗り出している。この先がどうなるか、結末はまだ見えていない。

 習近平国家主席が看板政策に掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」についても、米国が指をくわえて見ていることはないだろう。G7加盟国の中では先日、イタリアが初めて正式な支持を表明したが、トランプ大統領もこの構想に一枚噛みたいはず。何しろ「一帯一路」は地球上に残された最後の観光地だ。未開の地としてはアフリカとかもあるけど、中国から欧州まで続く巨大なシルクロードができるんだよ。行ってみたいと考える人は世界中に何億人、いや何十億人といるだろうね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る