5年で売り上げ約10倍に「旬八青果店」超人気のヒミツ

公開日: 更新日:

 東京・五反田のオフィス街にある、ちょっとオシャレだけど町のどこにでもあるような店構えの八百屋。昼時になると、財布片手の老若男女が行列をなす。彼らの目当ては野菜……ではなく弁当だ。唐揚げやサバ味噌などに、さすが八百屋、鮮やかな野菜の蒸し焼きと副菜が付いて500~800円台。ボリューミーかつヘルシーな無添加調理の弁当は、午後1時を過ぎると売り切れになることも珍しくない。

「小売りだけでは伝わらない青果の魅力やおいしさを、弁当や総菜という形でも届けたかった」と話すのは、弁当を販売する「旬八青果店」の運営会社「アグリゲート」社長の左今克憲さん。東京・神奈川に16店舗ある同店は、この弁当人気もあって、店舗オープンから約5年で約10倍の売り上げにまで成長する見込みだ。

 ワンコイン以下の弁当も珍しくない中、「安い」だけじゃ行列はできない。質は高く、価格を抑えられるのは、青果の生産、物流、仕入れ卸、製造、販売まですべて自社で一気通貫で行っており、弁当・総菜としてアレンジできる背景があるからだ。通常市場流通しない規格外品も活用することで、製造にかかる費用をカット。価格以上に満足できる野菜たっぷりの弁当を提供できるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い