5年で売り上げ約10倍に「旬八青果店」超人気のヒミツ

公開日: 更新日:

 東京・五反田のオフィス街にある、ちょっとオシャレだけど町のどこにでもあるような店構えの八百屋。昼時になると、財布片手の老若男女が行列をなす。彼らの目当ては野菜……ではなく弁当だ。唐揚げやサバ味噌などに、さすが八百屋、鮮やかな野菜の蒸し焼きと副菜が付いて500~800円台。ボリューミーかつヘルシーな無添加調理の弁当は、午後1時を過ぎると売り切れになることも珍しくない。

「小売りだけでは伝わらない青果の魅力やおいしさを、弁当や総菜という形でも届けたかった」と話すのは、弁当を販売する「旬八青果店」の運営会社「アグリゲート」社長の左今克憲さん。東京・神奈川に16店舗ある同店は、この弁当人気もあって、店舗オープンから約5年で約10倍の売り上げにまで成長する見込みだ。

 ワンコイン以下の弁当も珍しくない中、「安い」だけじゃ行列はできない。質は高く、価格を抑えられるのは、青果の生産、物流、仕入れ卸、製造、販売まですべて自社で一気通貫で行っており、弁当・総菜としてアレンジできる背景があるからだ。通常市場流通しない規格外品も活用することで、製造にかかる費用をカット。価格以上に満足できる野菜たっぷりの弁当を提供できるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る