黒川伊保子さん<5>知財コンサルタントとして地方を週5往復

公開日: 更新日:

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ勤務時代は派遣先の研究室で、AIの汎用エンジンを作っていた。

 1997年の研究室終了とともに退社し、同僚とベンチャー企業を立ち上げたが、ほどなくして黒川さんは共同経営者と意見が合わなくなって降りることに。

 98年、知財コンサルタントに転身した。

「男女の対話の仕組みの違いを分析し、それを人に寄り添うAIで表現したいと思っていました。また、語感を数値化する技術も発見していました。言葉を発する音を分解して精査することで、脳に響きのよいワードをつくり出せます。これは新しい商品の名前を決めるのに役立ちます。ただ、企業にいると特許を取らなければならなくなります。当時から、人工知能が本格化するのは2020年以降といわれていたので、そのタイミングで特許を取ってしまえば、本格化する前に権利が切れてしまう。論文の提出を求められることもデメリットになりました。書いて公表してしまえば公知の事実になり、特許を取れなくなります。どのみち企業にいる意味はないと思ってはいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  9. 9

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  10. 10

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

もっと見る