黒川伊保子さん<5>知財コンサルタントとして地方を週5往復

公開日: 更新日:

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ勤務時代は派遣先の研究室で、AIの汎用エンジンを作っていた。

 1997年の研究室終了とともに退社し、同僚とベンチャー企業を立ち上げたが、ほどなくして黒川さんは共同経営者と意見が合わなくなって降りることに。

 98年、知財コンサルタントに転身した。

「男女の対話の仕組みの違いを分析し、それを人に寄り添うAIで表現したいと思っていました。また、語感を数値化する技術も発見していました。言葉を発する音を分解して精査することで、脳に響きのよいワードをつくり出せます。これは新しい商品の名前を決めるのに役立ちます。ただ、企業にいると特許を取らなければならなくなります。当時から、人工知能が本格化するのは2020年以降といわれていたので、そのタイミングで特許を取ってしまえば、本格化する前に権利が切れてしまう。論文の提出を求められることもデメリットになりました。書いて公表してしまえば公知の事実になり、特許を取れなくなります。どのみち企業にいる意味はないと思ってはいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る