太田光は「ピカソの絵」 引きこもりから抜け出すキッカケ

公開日: 更新日:

 相次ぐ痛ましい事件で中高年の引きこもりに注目が集まっている。爆笑問題太田光はTBS系の「サンデー・ジャポン」で、孤独を感じていた10代の頃、「ピカソの絵」を見て引きこもり状態を脱した、という体験談を紹介。「(引きこもりを抜け出す)キッカケはすぐ近くにある」と語っていたが、引きこもりから抜け出した人は、どんなキッカケがあったのか。

 引きこもり経験者を取材しているノンフィクションライターの亀山早苗氏は「子どものためではなく、自分のために生きるようになったら、引きこもりの子どもが変わったという話はよく聞きます」と言う。まずは親自身が考え方を改める必要があるというわけだ。

「中高年の方と話していてよく聞くのは、後がなくなったことをきっかけに外につながったというケース」と言うのは家族支援のNPO「オレンジの会」(名古屋市)の山田孝介代表。例えば、親の介護が必要になったり、生活資金が尽きたりして、いやが応でも引きこもり生活を抜け出さざるを得なくなる状況になった時だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

もっと見る