片岡義男さん 小説執筆の原点は14歳で出合った米国の短編

公開日: 更新日:

サイモン・ウィンチェルバーグ「征服者」

■たまたま手にしたペーパーバック

 ペーパーバックの「The Best American Short Stories」(1953年版)を手にしたのは、僕が14歳のとき。東京に住んでいて、ちょうど今頃の季節の暑い日でした。

 家にあったので、恐らく父が持ってきたんでしょう。僕はあまり本は読まなかったし、このペーパーバックも手にすることがなかったのに、その日は何となく見ていた。そうしたら、後ろの方にあった短編「aconqueror(征服者)」の中に、何人か日本人の名前がローマ字で出ていたんです。それで、「日本の話かな」と思って読み始めました。それが非常に面白かったんです。

 物語の舞台は、占領が始まって1週間後の新潟。町に文具店があって、そこのおやじさんや娘、知り合いの医学生、そして占領米軍の若い兵士が登場します。詳しいストーリーは忘れてしまったけれど、占領された側である文具店の日本人たちと、若い米兵との交流が描かれていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  8. 8

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  9. 9

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る