【シラス山椒】爽やかな山椒が香る和風マリアージュの王道

公開日: 更新日:

銀座魚勝(東京・銀座)

 爽やかな山椒の風味が鼻に抜ける。少しずつ箸でつまみ、舌で辛さを感じたら、日本酒を口に含む。

 これぞ和のマリアージュ。飲んべえのためにあるツマミ、酒飲みの王道だ。

 使う食材は、シラスだけ。作業も難しくはない。それだけに腕の違いが出てしまったりするが、実はひと手間も入っている。材料を炊き合わせて終わりにしないのだ。このあたりにプロの仕事が感じられる。最後の工程で、サラダ油を加えて焼き上げるのだ。

 カリッと焼き目をつければ、香ばしさがプラスされてうま味も増す。仕上げにもう一度、粉山椒を振りかければ、香りもグンと引き立つ。酒がうまい。

「冷蔵庫で1週間ぐらいは保存できるので、大量に作ってタッパーに入れておくのもいいと思います」

 合わせる酒は佐渡の酒「至」の辛口純米原酒。生酒なのでこってりしていて、山椒の風味に負けない。それでいて辛口のキレの良さも兼ね備える。ゆったりと杯を重ねよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る