【茗荷胡瓜】夏らしい爽やかさが疲れた胃にも優しい

公開日: 更新日:

銀座魚勝(東京・銀座)

 いかにも夏らしい一品。みずみずしい3種の野菜が奏でる爽やかなハーモニーは、暑さで疲れた胃にも優しい。梅雨が終わって本格的な夏を迎え、涼を感じたくなったころにぴったりだ。彩りの美しさも食欲をそそる。野菜をすべて千切りにするのは、混ぜ合わせたときの食感を統一するため。ここで手を抜いて大きさがバラバラになってしまうと味わいも落ちる。丁寧な仕事が必要だ。

 口の中に含み、バランスよく混ざった野菜のシャキシャキとした感覚を楽しんでいると、色とりどりの風味が鼻に抜けていく。無限に食べられそうだ。

「食欲が落ちる季節でも、サラダ感覚でワシワシと召し上がれると思います」

 このままでも十分に酒のアテになるが、もうひと手間かけて、冷ややっこにのせたり、カツオのたたきと和えたりしてもよさそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  7. 7

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  8. 8

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  9. 9

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る