大岡玲
著者のコラム一覧
大岡玲作家

1958年生まれ、東京外大卒。「黄昏のストーム・シーディング」で三島由紀夫賞。「表層生活」で芥川賞。小説執筆の他に書評、美術評論、ワインエッセーなど幅広い分野で活躍。「本に訊け!」「男の読書術」「新編 ワインという物語 聖書、神話、文学をワインでよむ」などの著作がある。東京経済大教授。

【盗賊】「がんばれ香港」と声援したくなる中国の盗賊支配

公開日: 更新日:

 中華人民共和国は、とらえどころがない国だ。そもそも、いわゆる「国民国家」であるのか疑問である。共産党による一党独裁体制なのに、少なくとも毛沢東以降、マルクス主義はただの看板になっているようでもある。20世紀初頭までの中国とどういうふうに連結していいのか、よくわからない。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  7. 7

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  8. 8

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  9. 9

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  10. 10

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

もっと見る