京大教授が提唱 “不便な生活”で楽しくお得に生きる方法

公開日: 更新日:

 “コスパ”や“便利”をよしとする風潮に反発を覚え、かえって不便なことをしたくなる向きもあるだろう。

「不便益(不便さがもたらす益)」を研究する京都大学情報学研究科の川上浩司特定教授によると、「あえて手間をかけ、頭を使わないといけない状態にすることで、新しい経験に出合えたり、やってみたらその工夫が楽しいこともある」という。便利に慣れていると気付かないが、あえて不便を取り入れてやってみると、案外、不便なことはおもしろい、という気付きがある、というわけだ。

 とはいえ、冷蔵庫やエアコン、パソコンを使わないような、とてつもなく不便な生活を楽しめるほど達観はできない。ほんの少しの不便を取り入れて、お得に楽しく暮らせる工夫を探したい。

■ビールの買いだめをやめてみる

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る