実は割安とは限らない…「ワンコイン保険」の賢い選び方

公開日: 更新日:

 スマホの画面割れなどを補償する保険や、家族の病気などでコンサートに行けなくなった時のチケット代を補償してくれる保険など、500円以下の手軽な価格で入れる“ワンコイン保険”が増えている。しかし、最近は商品の種類が多くて迷ってしまうし、少額でもあれこれ保険をかけるうちに積もり積もって、本当にお得なのかも疑問だ。

「少額短期保険は保険金は少額ですが、保険料は必ずしも割安とは限らないので注意が必要です。また、少額短期保険会社は約100社に増え、似た内容の保険でも保険会社によって補償内容が異なる商品が続々出てきています。従来型の大手保険会社も似た商品を出してきているので、その保険商品が本当に自分の年齢やライフスタイルに合っているか、自分にとって割安なのか、商品をよく比較検討して見極めることが大切です」(ファイナンシャルプランナー・畠中雅子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る