実は割安とは限らない…「ワンコイン保険」の賢い選び方

公開日: 更新日:

 スマホの画面割れなどを補償する保険や、家族の病気などでコンサートに行けなくなった時のチケット代を補償してくれる保険など、500円以下の手軽な価格で入れる“ワンコイン保険”が増えている。しかし、最近は商品の種類が多くて迷ってしまうし、少額でもあれこれ保険をかけるうちに積もり積もって、本当にお得なのかも疑問だ。

「少額短期保険は保険金は少額ですが、保険料は必ずしも割安とは限らないので注意が必要です。また、少額短期保険会社は約100社に増え、似た内容の保険でも保険会社によって補償内容が異なる商品が続々出てきています。従来型の大手保険会社も似た商品を出してきているので、その保険商品が本当に自分の年齢やライフスタイルに合っているか、自分にとって割安なのか、商品をよく比較検討して見極めることが大切です」(ファイナンシャルプランナー・畠中雅子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る