家計で真っ先に見直すべき 住居・通信・保険の3大固定費

公開日: 更新日:

 家計にゆとりを持たせ、貯蓄額を増やす。そのために必要なことは、定期的な家計の見直しだ。

 家計の支出は、大きく固定費と変動費の2つに分けることができる。

 固定費とは日々の生活に関係なく、定期的に一定額の費用がかかること。住宅ローンや家賃などの住居費、スマホや固定電話、インターネット接続費用などの通信費、水道光熱費(変動費に含める場合もある)、生命保険や損害保険の保険料、教育費、小遣い、ガソリン代を除く車関連費用などは代表的な固定費だ。

 変動費は日々の生活に応じて変動する費用をいう。代表的な食費や日用品費、被服費、娯楽費、交際費、交通費、冠婚葬祭費などがある。

 これら固定費と変動費の支出を定期的に見直すことで、できるだけ家計に余裕を持たせることが重要になってくる。では、固定費と変動費のどちらを見直すべきか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  7. 7

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  8. 8

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

もっと見る