「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

公開日: 更新日:

「いま燃費の悪いクルマを買う人はほとんどいません。だけど燃費の悪い家を買う人はめちゃめちゃいます。私は電気やガスを使っても満足感を得られません」

 今泉太爾さんは話す。そういえば確かに電気をたくさん使っても喜びは得られない。もちろん電気がないと困るけれど。

 千葉商科大学(千葉県市川市)の田中信一郎准教授は、毎回、授業にさまざまな講師を招いている。一連の講師の特徴は社会課題に現場で実践的に取り組んでいる人だ。NPOやボランティアよりもビジネスパーソンが多い。

 5月22日の授業に招かれたのは自称「断熱オタク」の今泉太爾さん。といっても、今泉さんは「断熱」が仕事でもある。千葉県浦安市で不動産と住宅の会社を経営しながら、東京都内でエネルギー問題のNPO法人も運営している。父親の不動産会社を引き継ぎ、住生活の質向上を提案するために工務店を設立。今後の日本社会と市場を中長期的に見据えて、エネルギー負荷の少ないエコ住宅(断熱住宅、低燃費住宅)の設計・施行も手がけている。

 今泉さんが講義した話をもとに身近な断熱住宅から世界環境問題まで考えてみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る