白川優子さん<2>看護師を目指していたわけではなかった

公開日: 更新日:

 身長154センチ。日本人女性としても小柄なこの女性が、まさかイラク北部のモスルで医療現場の最前線に立っていたとは想像もつかない。爆撃で全身焼けただれた少女など多くの民間人の世話もしてきた。

「自分で言うのもヘンですが、本当に普通の女の子でした。東松山で育った少女時代は、友だちと東武動物公園に行くこと自体が大冒険。原宿は“怖いところ”でした」

 そんな少女が原宿より次元の違う怖さの紛争地に自ら志願して行く。「困っている人を助けたい」というその思いは、母親の影響も大きかった。

「まだ幼かった頃、母はお布団の中で弟と順番で絵本の『ぐりとぐら』などを読み聞かせしてくれました。小学校の低学年の頃のクリスマスだったでしょうか。『プレゼントは自転車かなぁ?』とキラキラしたプレゼントを想像していましたが、朝起きて枕元に置かれてあったのは、『ほんとうにあった美しい話』というシリーズものの児童書。タイトルこそ美しいとなっていますが、内容は沖縄戦やシベリア抑留、広島の被爆者などのエピソードもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る